2019年8月22日

日常的にかかる雑費が高い有料老人ホーム

87歳の祖母が有料老人ホームに入居しています。
きっかけは4年前に交通事故に合い車椅子生活になってしまったことで、1人暮らしをしていたのでどうしても自宅に帰ることは無理でした。
祖母は年金が月20万円くらいあり、交通事故の慰謝料として1000万円くらいのお金も入ったので、医療機関も併設されている口コミのよい有料老人ホームに入居しました。
そこは月々の費用は25万円くらいのまあまあ高級と言えるホームでしたが、年金があり不足分も貯金で賄って10年生きたとしても大丈夫なので、安心して入居しました。

ただ、実際に入ってみると有料老人ホームだけあり、日常的にかかるその他の雑費が思いのほか高いことがわかりました。
例えば美容院も月に1度出張してきてくれるのですが、散髪6000円、パーマ、毛染めなどもすると15000円くらいになります。
またマッサージ、リハビリなども有料でできるのですが、1回6000円かかります。他の利用者さんが利用しているので、祖母はしない…というわけにもいかず、その雑費で月4~5万円はかかります。
月5万円分くらいの不足のはずか、10万円ほどの不足になり、それでも今はなんとかやっていけますが、10年も経ったら財産が底を尽きてしまいそうだね…と家族で不安に思っています。

やはり有料老人ホームはお金に余裕のある方のための施設で、ギリギリ払える…くらいの経済状態では厳しいのが現状だと入居して改めてわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です