2019年10月21日

老人ホームの入居に必要な費用と入居まで

老人ホームには、大きく分けて特老と有料の老人ホームがあります。
特老というと特別養護老人ホームになりますから、介護認定もある程度高い要介護3以上になります。
民間より安いというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、平均して月に15万円程度はかかるのです。
驚きますよね。10万未満のイメージを持っていたので「特老でも15万円はかかるのかっ!」と、驚きが隠せませんでした。
10万円のイメージがあった特老は「旧型」と言わるもので、多床室(大部屋のようなものです。)からなるものがこれにあたり、現在は「新型」の個室がほとんどになるのです。
個室の特老の場合、有料老人ホームと比較するとさほど費用が変わらない場合や、むしろ安い場合がありますので、比較してみるとよいでしょう。

老人ホームに入居になる場合ですが、退院後に老人ホームへ入居する場合は大きい病院ですと専門のスタッフがおり、家族と相談の上、適切な老人ホームへ入居できるように手配してくれます。

特老は介護認定の高い順・重症度が高い順になりますから、個人で探して、早く入居ができるように手配することは難しいでしょう。
専門家を通して老人ホームを探せることは心強くもあると思います。
入院後、老人ホームへ入居となることが想定できる場合には、このような老人ホームを探してくれる病院を事前に調べておくと安心だと思います。
もちろん、行政に相談する方法もありますので、そのご家庭に合った方法を見つけておくと安心できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です