2019年10月21日

老人ホームの費用は認定の有無などによる

老人ホームには一体いくらくらいのお金がかかるのかということですが、確かにその老人ホームによって違いはあるのですが、はっきりとわかることも多いです。
それなりに相場というのが存在しているのは確かです。
老人ホームにはいくつか種類があるわけですが、代表的なものを言いますと介護付き有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などになります。

どれも似ていると思うかもしれませんが、民間がやっているのか公的なサービスとしてやっているのか、ということにまず大きな違いがあります。
公的なサービスとしてやっているのが、特別養護老人ホームということになります。

費用的に安くしたいと言うのであれば、高齢者施設として介護保険の指定を受けているところにする必要性があります。これだけでもだいぶ値段を安く済ませるということができたりします。
一時入居金があるのかどうかといったところもかなり大事な要素になりますから、確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です