2019年11月23日

おむつ代ってばかにならない

要介護が進むとおむつが必要となる状態になっていきます
私の親は別の地域に住んでいたのですが、そこでは要介護4か5がもらえていれば非課税世帯に限り、8,000円まで現物支給されていました。
しかし、医療費や賃料、介護サービスなどが少しずつ費用がかさむ中で、子供の手が離れたタイミングで自宅に引き取る事にしました。
そうしたら、私が住んでいる自治体では、同一住所に居住する親族全員が非課税世帯でなければ支給されない規則になっており、まだ働いている夫の所得がある為、おむつ代が全額実費負担となってしまったのです。

住む場所を選ぶ事が出来る世の中とは言っても、賃貸でなければ家を手放さなくてはならない状況など、どの家庭でもあまり起きない事だと思います。
おむつ代を支給してもらいたいがために引っ越すなんて、そういう人もいないでしょう。

これだけ高齢化社会になりつつあり、国は在宅介護を推し進めているのに、何故自治体によりこんなに差があるのでしょうか?
勿論、お金がない自治体であれば仕方ないと諦めざるを得ないかもしれませんが、そこそこ大きい自治体で税金もしっかりと取っているのに…。
自治体によっては、施設に入ったら支給を止める所もあります。
賄う費用が、在宅が大変で施設が大変じゃないとしているのでしょうか?
全く意味がわかりません。
消費税をあげても財源の使い道が不明確なこの国の福祉政策に未来はあるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です